FC2ブログ

スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←覆面作家企画8 Eブロック推理1-1 →覆面作家企画8 Eブロック推理1-3
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



総もくじ 3kaku_s_L.png 覆面作家企画
総もくじ 3kaku_s_L.png 園芸・ガーデニング
総もくじ 3kaku_s_L.png エッセイ
もくじ  3kaku_s_L.png 日々これ日記
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類

「覆面作家企画」
覆面作家企画8

覆面作家企画8 Eブロック推理1-2

 ←覆面作家企画8 Eブロック推理1-1 →覆面作家企画8 Eブロック推理1-3

 先に結果をぺたり。

E01 銀の御手のサジタリウス………………………ウルさん
E02 五月の庭、蕾の君は目を閉じたまま…………青柳朔さん
E03 機械細工職人と機械義手………………………天崎剣さん
E04 飲み干す残滓……………………………………真北理奈さん
E05 キズアト…………………………………………だもさん
E06 幕張でバーチャルアイドルミゾレと握手……菜宮雪さん
E07 楽園の手…………………………………………GBさん
E08 それは手記にも似た……………………………彪峰イツカさん
E09 夜の谷で…………………………………………神儺さん
E10 夢の異世界ダンジョンへGO!………………森崎緩さん

----

【注1】ここから先はお祭りテンションで、なんだかおかしいノリになります。
【注2】当管理人は、何度も作品を読んだり推理したりするうちに作者さんに親近感を抱いて、ブログ内で異常になれなれしく話しかけるクセがありますが、妄想しながら壁に向かってブツブツ言ってるようなものです。芸風による失礼のほど、お許しください。
【注3】カンと気合いでフェイカー(探偵をだます人)呼ばわりして、無実の人に濡れ衣着せちゃった事件も、毎回起こしています。そこについては企画の性質上、探偵役は「自分の先入観にだまされる病」に罹患《りかん》せざるを得ない側面があるということで、なにとぞご了承ください。
【注4】↑のようなことは苦手、という方は、そっと画面を閉じてください。

----
 ええとですね、今さらなんですがっっ!
 開催された当初は、ブロック単位の推理なんかするつもりは全くなくて、つまみ食い推理だけで終わろうと思ってたんです。職場に行って帰ってきてから検証して、遅刻しない時間に寝るとすると、使える時間は食事その他の時間を差し引きごくわずか。土日だってやることがあるし。

 私的な時間を大量に注ぎこみ、年々衰える体力をすり減らして、
「これが○○さんの証拠です!」
 なんておーいばりで言ってしまうと、犯人さんはその部分を読むだけで、簡単にフェイクレベルがあがるわけです。

 ずるいや、ずるいや、わ~~~ん! ""\(>△<;/""

 そこに主催者さんの驚異のブロック分け! という追い風が加わりますし、ツイッター形式になってからは、加速的に推理がしんどくなってきましてねえ。

「もう探偵やめよう」
 と。冬木さんだけ探して、あとは直感でテキトーなこと言って、感想書きで終わろうと。本っっ気で!
 ……思っていたのですが、ツイッターでプリティーアイコンのアヤキさん(Aブロック)や、新しくフォローさせていただいた真北さんに、
「当てに行きます」
 なんて口走っちゃったのが運の尽きでした。誰かを探すってことは、その人じゃない誰かを同時に探すってことですから。

「なんかパッと見で○○さんぽいのが3つくらいある」
 となったら必然的に外堀を埋め、外堀埋めたら内堀も、てなもんです。

 そんなわけで今回は、
「血と汗と涙と全身全霊をかけて出した結果を、あっさりと犯人たちに渡しはすまい。推理の理由なんて、なんとなく~♪ でいいぢゃんっ」
 とまあ、固い決意を拳に込めていたのですけど、これもまたウルさんがポロっとですね。
「覆面、(~中略~)当たっているかはともかく、だいたいスウッ…と指名されて深入りしてもらえないのでちょっと寂しいという節はある」(6月3日のツイート)
 ……って。

 な、なによウルさん! 「僕は寂しい」だなんて、そんな古いテで口説いたってダメなんだから! いい? これから言うことは……べ、別に情にほだされたとかじゃなく、ちょっと気まぐれ起こしただけなんだからねっ!(←於來さん、いつものことだけど前置き長すぎます)
----
E01 銀の御手のサジタリウス………………………ウルさん

 まずは物証なんですけれど、ウルさんの小説は少数派の人しか使わない……へたをすると多数派は読めない・知らない言葉が、パァンパァン出てきます。
「曙光」「跋扈」「下生え」って、さらりと使える人にとっては特別でもなんでもないのでしょうけど、たいていの人は呼吸をするようには使えないもんなんです。「爪牙」は学校で習う漢字がふたつ並んでるだけだし、意味は分かるけれど、ふつうの社会人は読めません。
 そのうえ「畢竟」なんて出てきた日には、畢竟これはウルさんだ、と宣言しているように見えちゃうんです。

 それからあと、話の細部が美しすぎです。一角獣、本当に傷つけられて流血したのでしょうか? 弓はかすっただけ、角はもらっただけなのでは?
 そう思ったくらい、狩りのシーンから即物的な描写がそぎ落とされて、幻想的になっていて。残酷に書いても生々しさは感じない(少なくともわたしは)から、
「んむー、もしかしてウルさん?」
 てなったの。
----
E02 五月の庭、蕾の君は目を閉じたまま…………青柳朔さん

 日常生活の中で起こるできごとを、気負わない文章で何気なく書いていて、心に染みる優しさがあり……というところで、ファーストインプレッションでは森崎さんも候補でしたが、わりとすぐに決まりました。
「このお話、実際に植物を育てる人でなければ書けない要素がある!」
 と直感したからです。庭造りとバラに興味がなければ、蔓薔薇のアーチ(「蔓」薔薇というところがミソ)がある庭に、白い野薔薇やハーブをさらっと配置するなんて、できないだろうなと。
 配置すればなんでもいいってわけじゃないのです。……こう、なんかうまく言えないけれど。
 そして青柳さんちで木香薔薇《もっこうばら》に出くわして胸きゅん。

 きれいな庭を造って維持するのは体力勝負の汚れ仕事。美しい花を愛でていられるの少しの間だけで、特にバラなんかは肥やしをやったり害虫と戦ったり、病気の予防や治療に気をつかう毎日で、どんなに花が華やかでも、育てる人は華やかにキメる余裕が少ないそうです。その辺のことが、こうちゃんの人物像でしっかり伝わってくる。
 この実感をひと言で表したのが「土いじり」という言葉だと思ったので、探したら見つかりました。
 ちなみに土いじりは癒やしの象徴でもあるんです。どんなにミミズが嫌いでも、ぎゃーと叫びたいのを押さえて、感謝の気持ちとともにそっと埋め戻す。それが育てる人。

 森崎さんの小説では、美しい花は最初から切り花になってたり、鑑賞したり、人や部屋を飾って「楽しませる」ための小道具として登場するのですが、青柳さんの小説では、鑑賞ではなく、観察し研究して「育てるもの」として登場することが多いですね。
 しかも植物関連の博物学って言うんですかね……博物学って、たとえば農林水産業の人が自然界を観察して、「今年は豊作」「今はいい天気だが夕方から海が荒れる」とか、そんな感じに養った知識のことなんですけど、知識というよりは体験と実感に支えられてるんですよね。なにかそういうものが、植物や庭園描写に見え隠れする。
 サイトで見つけた「手入れされていない庭」が描かれたシーンは案外短いのだけれど、かつては手入れをしていたであろう庭師の、土がついた無骨な手が見えるような感覚があって、何度も読み返しました。(とても好き!)

 で、最後の決め手になったのは……っっ。
 ああ、ダメダメ! 仕事帰りの貴重な数日間を削って、ようやく探し出した物証を簡単にさらすなんて! もっとケチにならなきゃ、この企画の探偵(主に自分)は、どんどん無能になっていく!
 サービスするのはウルさんだけだって、心に決めたじゃないの!

 葛藤していたら、日頃から優しく声をかけてくださっているあのお方にっっ。
 この企画の常連であり、名探偵御三家、四天王などの名を欲しいままにした冬木さんに、つい……。
 これが森崎さんではなく青柳さんの作である、という推理の根拠を書くと約束してしまったことを思い出したのです!
「なんか庭造りと園芸に詳しそうな人だと思ったから」
 とかじゃなく、「推理の根拠」ですからね。相手が冬木探偵とあらば、たとえ女であっても漢《おとこ》を見せなければならないのです、なんてこったい。(←だから前置き長いって)

> ふぅん、と小さく零す。

 これで決めを打ちました。
----
E03 機械細工職人と機械義手………………………天崎剣さん

 えーとこの説を思いついたきっかけは確か……クリフォードさんの作業場から本当に機械油の匂いが、ふおぉぉ! と、こちらへやって来るような気がして、
「作者さん、楽しんで書いたんじゃないかなー、機械とか書くとキーボードごとノリノリ属性かな?」
 で、サイトにあった機械人形のお話に目をつけたんです。

 正直、こういうジャンルを書いたら、誰でもいつもはあまり使わない言葉を使ったりするのですけど、作業場に機械油の匂いと技師の魂が漂ってる感でファーストインプレッションしました。

 その後、天崎さんは幕張でアイドルなんかもイケそうな気がして相当悩みまして。
 天崎さん・森崎さん・菜宮さんの3人で、幕張バーチャルと異世界ヴァーチャルのイス取りゲームだ!
 って血眼になっているうちに気がつきました。天崎さんはこのうちのどれでも書けそうな気がするけれど、この作品を書ける人って天崎さんだけでは?
 光の点滅がパチパチしてたり作業場の床にたくさんコードがあったり、天崎さんフェイクしてないですありがとう!

スポンサーサイト



 関連カテゴリ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png 覆面作家企画
総もくじ 3kaku_s_L.png 園芸・ガーデニング
総もくじ 3kaku_s_L.png エッセイ
総もくじ 3kaku_s_L.png 覆面作家企画
総もくじ 3kaku_s_L.png 園芸・ガーデニング
総もくじ 3kaku_s_L.png エッセイ
もくじ  3kaku_s_L.png 日々これ日記
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメン卜投稿不可です。
[覆面作家企画8 Eブロック推理1-1]へ [覆面作家企画8 Eブロック推理1-3]へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。